2012

1

28

『Webkit』って何じゃい!?の巻

スポンサードリンク


HTMLや画像などのデータを読み込んで、視覚的表現をするプログラム

とのこと。

Apple師匠が開発したレンダリング・エンジン

(webページのソースを読み込んで、ディスプレイ越しに私達がいつも見ているサイトに表現してくれる物)
群の総称。HTML、CSS、JavaScript、SVGなどを解釈する。

つまりWebkitを利用することで、Apple師匠のMacやiPhone、Google先生のChromeやAndroidを採用した3Gのキャリア向けのアプリケーションを開発できるという事みたいです。

SONYのゲーム機『PS vita』もWebkit対応みたいです。(けどFlash動画は観れないみたいです。)

ただCSS3で採用された

box-shadow、border-image、border-radius、border-radius

などは 「-webkit-」というprefixを記述しないと反映されないです。いずれは記述無しでもサポートされるとイイなぁ。

トップへ