2012

9

28

PHPでランダム表示関数作ってやんよ!!!

スポンサードリンク


最近はめっきり涼しくなって、季節はまさに

ページを開く度に指定ヶ所にランダムでテキストやリンクURLを表示する関数を作りたくなる秋”ですね。


<?php

$rand_text[0] = '今日はステーキが食べたい!!';
$rand_text[1] = '今日は寿司が食べたい!!';
$rand_text[2] = '今日はケーキが食べたい!!';

function funcRandPass($arr){
    $a = count($arr);
    $b = $a - 1;
    $i = rand(0, $b );
    echo $arr[$i];
}

?>

解説

関数funcRandPass()の引数に配列を入れ、


count関数で配列の数を変数$aに代入。

$aの中には$rand_textの配列が3つ入った事になるが


phpの内部では数字のカウントは0からなので、3つ入っているとすれば実際には2としなければならないので


$aから1マイナスした物を変数$bに代入。

rand関数の第一引数は0番目から変数$b$rand_textの数分-1)の中からランダムで処理した物を変数$iに代入。

配列$arrの中にランダムで選ばれた配列数をecho出力。

出力

<?php funcRandPass($rand_text); ?>


HTMLファイルのランダム表示したい箇所に$rand_taxtを入れたfuncRandPass()を記述。

これでファイルを開くまたは更新するたびにテキストがステーキか寿司かケーキのいずれかを食べたいというメッセージが表示される。

トップへ