2012

12

22

PHPで『普段表示してる画像を指定した日付の間だけ変更』してやんよ!!!

スポンサードリンク


指定日とそれ以外で切り替わる画像

サイトなどで普段表示してある画像を「毎月○の付く日は~」の様に、

指定した日付の間だけ画像を切り替える関数を作った。

PHPの記述

今回はパチンコ店などでも使えるような『7の付く日は大放出』的なバナーを出力するシチュエーションを想定して作成。




$n = array(7,17,27);    //指定数の付く日
$ver01 = array('01','7のつく日だよ');    //指定日出力画像('画像名','altテキスト')
$ver02 = array('02','7のつかない日だよ');    //その他出力画像('画像名','altテキスト')
//---------------------------------------------------------------
$imgOutPut = funcbannerChange($n,$ver01,$ver02);
//---------------------------------------------------------------

function funcbannerChange($n,$ver01,$ver02){
$day = date("d");    //本日の日数取得*/
if($day == $n[0]){
$imgOutPut['img'] = $ver01[0];
$imgOutPut['alt'] = $ver01[1];
}elseif($day == $n[1]){
$imgOutPut['img'] = $ver01[0];
$imgOutPut['alt'] = $ver01[1];
}elseif($day == $n[2]){
$imgOutPut['img'] = $ver01[0];
$imgOutPut['alt'] = $ver01[1];
}else{
$imgOutPut['img'] = $ver02[0];
$imgOutPut['alt'] = $ver02[1];
}
return $imgOutPut;
}


変数$nには変更したい日付を入れた配列を代入。

変数$ver01には指定日に出力したいバナーのファイル名とaltテキストを配列に入れた物を代入。

(その他、幅や高さ、titleなど個別に指定したい場合はその分配列に加える)

変数$ver02には通常表示しておく画像の指定。

HTMLへ出力

htmlのソース上で<img>タグ上にユーザー関数$imgOutPutの配列[‘img’]と[‘alt’]をそれぞれ差し込む。


<img src="<?php echo($imgOutPut['img']); ?>.jpg" alt="<?php echo($imgOutPut['alt']); ?>"/>


これで今日も元気にパチンコ中毒!!!
トップへ